防犯 子供 安い

子供に持たせられる防犯性能が高くて安いアイテム

近年、子供を狙った犯罪が増えています。身を守る防犯グッズには様々なものがありますが、子供は無くしてしまったり、壊してしまう事もあるので高価なものはあまり好ましくありません。安いもので考えるとリフレクターや防犯ブザーがおすすめです。リフレクターは夜間だけでなく、日が落ち始めた頃から効果を発揮します。ですが場所によっては付けている場所や体の向きによっては見えない事もあるのでなるべく広範囲につけ、定期的に手入れをして汚れが付かないようにすると効果的です。防犯ブザーは大音量タイプでシンプルなものが子供には使い勝手が良いです。また雨の日にも耐えられる壊れにくいものを選びましょう。そして買った後は月に1度ほど定期的にチェックする事も大切です。いざ使おうとした時に壊れていては意味がありません。また電池も消耗します。子供と一緒に使い方と共に確認する事で安心です。

近年人気の子供の為の防犯グッズ

子供でも手軽に防犯できる安いグッズと言えば防犯ブザーですが、防犯ブザーは子ども自身にかかっています。いざという時音を出せなかったり、遊びだと思われて気づいてもらえない事もあります。そこで近年人気があるのが子供用の見守り携帯です。たくさんの会社から多種多様な物が販売されていて月々ワンコイン程度で契約できるものもあります。しかし、便利な子供用の見守り携帯ですが、弱点もあります。携帯なのでバッテリーを抜かれてしまっては連絡を取ることも、子供の居場所を特定する事もできません。また、学校では携帯の持ち込みを禁止している事が多く、通学時には使えないといった事もあります。そこで人気なのが子供向けGPSです。カード型やキーホルダー型などがあり、万が一の際は契約している会社の専門職員が駆け付けるといったサービスもあります。

自宅でできる子供と考える防犯について

子供に防犯グッズを持たせることも大切ですが、その前に家庭で防犯についての意識を高める事が最も重要であり、安い防犯対策と言えるでしょう。まずは子供と共にどんなことに気を付けなければいけないか、どんなことが危ないのか、どうしたら良いのかを話し合います。一緒に安全マップを作り、危ない場所やいざという時助けてもらえる場を確認するのも良いでしょう。次に練習です。大人でもそうですが、分かってはいても実際に行動する事は案外難しいものです。大声の出し方や、防犯グッズの使い方を実際にやってみる事が大切です。家庭でルールを作ることも効果があります。例えば出かけるときは誰とどこへ行くのか連絡しあったり、帰るときには今から帰ることを伝えたりすると良いでしょう。そして家族みんなで地域行事になるべく参加し、自分の子供だけではなく、地域全体で子供たちを守る意識を高める事も大切です。