防犯 子供 安い

安い防犯グッズを子供に持たせる際の注意点

最近は子供に関わる物騒な話題が増え子供がいる家庭では心配が絶えないことでしょう。そのため子供に安い防犯グッズを持たせる方が多いと思います。そこで子供に防犯グッズを持たせる際の注意点を確認していきましょう。一番ありがちなのが防犯グッズの電池切れです。不安に思い持たせますが普段何もないと気に掛けなくなります。とくに長期の休みに入ると忘れがちです。定期的に確認し電池の交換を行いましょう。つぎに防犯グッズは常に持ち歩きいつでも使える必要があります。登下校だけにつけがちですが普段から持ち歩くようにしてすぐ取り出せる場所につけるようにしましょう。そして普段持ち歩いていてもいざというときにちゃんと使えなければ意味がありません。そのために事前に使い方を確信しておくようにしましょう。

子供に持たせる安い防犯グッズの選び方

子供に防犯グッズを持たせたいけど種類がたくさんあって何がいいのかわからないと思われる方も多いでしょう。防犯グッズを選ぶ際に押さえておきたいポイントが3つあります。一つ目は音が大きいことです。大きい音によって人に気づいてもらえたり、不審者の気を削ぐことができます。二つ目は操作が簡単なことです。子供が使うものですから子供が簡単に使えるように操作がシンプルなものがいいですね。三つ目は丈夫なものです。子供が遊びまわって壊してしまうことも多いですから安い中でもなるべくしっかりした作りのものを選びましょう。このほかにも目立つ色をしていたり防水であったり位置情報サービスがついていたりと、あればあるだけいいですが安い価格で選ぼうとなると難しいとおもうのでまずはこの三つに注目して選んでみましょう。

子供に防犯グッズを持たせる前に気を付けたいこと

三つのポイントを押さえた安い防犯グッズを準備し、子供に持たせてこれで安心しきってはいけません。防犯グッズを子供に持たせる前にやらなければならないことがあります。子供自身の防犯意識を持たせること、これが一番大切です。防犯グッズをもっていても子供自身がそれを必要としなければ意味がないのです。知らない人についていかない、子供だけで対処しない、勝手に寄り道をしない等教えておかなければなりません。また普段から近所の人たちと挨拶を交わして顔を覚えたり、学校や地域の防災イベントなどに親子で積極的に参加して楽しく子供の防災意識を高めることもよいでしょう。定期的に行う防犯グッズの電池確認を一緒に行い操作確認も同時に行うといいですね。親子で防犯意識を高め身勝手な犯罪に備えていきましょう。