木製のガーデンフェンスの施工のポイント

木材の種類もバリエーション豊富

柵や垣根などを設置するだけで、今まで眺めるだけの庭も、生活空間として生まれ変わることも、また、プライバシー保護の役割にも活用できます。素材や設置方法など、日曜大工などのDIYを含め、エクステリア専門業者に依頼するにもポイントを踏まえておくのが大事です。例えば、ガーデニングを趣味とするならば、樹脂性と木製のガーデンフェンスが利用できます。ポイントとして捉えたいのが、素材が腐らない点で、腐食しないことで、白アリ被害もなく、また塗装の手間も不要とします。中でもオススメなのは、アルファウッドなどの樹脂製です。ですが、ガーデニングが趣味であれば、耐久性のあるハードウッドやエコアコールウッドなどがオススメできます。

素材の組み方や施工の方法なども確認

国産の間伐材による環境にも配慮された木製のガーデニング素材は、木材の水分と腐朽菌の栄養源になるセルロースに着目され、経年変化による腐食を抑える技術が採用されているのも特徴です。ハードウッドに比べて軽く、日曜大工でも加工が容易であるのもポイントになります。またラティスは、目隠し用とするより、風通しや明るさを保ち、蔓植物の誘引に適しているタイプです。和風の庭に欠かせない竹垣同様に、組み方によって雰囲気を変えることも日曜大工なら可能で、樹脂製と木製の両方を取り扱うプランニングも可能です。基礎を埋め、フェンスブロックを据えて、モルタルで柱を固定し、横板を一枚ずつビスで固定する施工が一般的です。

カラーから庭の雰囲気を変えてみる

鉄柵などと同じく、施工時のみならず、過程によって少しずつ色味に変化も付きます。木目のはっきりした明るい色であっても、経年によっては、ライトからブラウン、グレーに変化します。素材選びでは、施工後の変化まで視野に入れることは大切です。また、目隠しとして立てることで、視界が遮られ、庭を狭く感じさせたり圧迫感を感じやすくなり、木材の色選びもポイントです。フェンスの板の隙間を広げてみたり、逆に、目隠し度を下げる代わりに圧迫感をなくすことも提案できます。色は、白や明るいベージュなどであれば、植物を楽しむガーデンの背景にも馴染みがよく、特に機能性の高いイペ材は人気です。合わせやすいのはブラウンですが、ライトオーカーなどのナチュラルなイエロー系は、近年の洋風の庭や住宅向きです。また、ガーデン雑貨と組み合わせて、可愛らしい演出を施すなど、洋風化させたフェンスも評判です。中には、あえてペンキやニス、錆などを付け、アンティーク調に仕上げるケースもあります。

ピックアップ記事一覧