ガーデンフェンスをデザインインテリアとして利用する際のポイント

インテリアと合わせて目隠しとしての用途も持たせる

一戸建ての自宅を所有している場合は、合わせて庭がある場合が多いですよね。庭では小さいお子さんが遊んだりペットが運動する場として利用するだけでなく、植物や野菜を育てたりと趣味を楽しむ事も可能です。そんな自宅のガーデンをより自分の好みに合わせてデザインを考え、インテリアとしてフェンスを設置することもあります。実際にガーデン全体の雰囲気を見ながらフェンスを設置することは重要ですが、その際には用途としてデザインだけを考慮するのではなく目隠しとしての役割もしっかり考えることがポイントになりますよ。あまりに高さが低い場合は、目隠しとしての用途にはありませんよね。インテリアとして利用するだけでなくしっかりとプライベート空間を守るために使用するのであれば、大人の目線でもしっかり隠れるくらいの高さを確保することが重要といえますね。

デザインによって変わってくる圧迫感や風通しを確認

ガーデン作りのためにフェンスを設置する過程は多くいますが、設置する際の素材によっても感じられる圧迫感などに違いがあるという点を理解することがポイントになってきますよ。特にプライベートをまもるために目隠しとして高さのある物を設置するのであれば、全体的に多い隠す形になるとどうしても圧迫感が出てしまいましよね。そのため上部と下部で素材を変えるといった工夫を行うと、圧迫した雰囲気を和らげるといった対策なども行えます。また素材によっては風通し自体をさえぎってしまう場合もでてきますよね。そのため素材にこだわるのであれば、デザインを工夫することで、しっかりと風通しを考慮して設置することがポイントですね。また圧迫感は設置するだけでなく塗られている色によっても感じ方が変わってきますよ。より開放的な感じにしたい場合は、白やピンクなど明るい色を選ぶという方法もおすすめですね。

長く利用するために重要になってくる基礎部分

ガーデンを自分好みに作り上げるために、インテリアとしてこだわりを持って設置する人は多くいますよね。ですが見た目だけでなく、しっかりと防犯対策や目隠しなどの役割もはたすことが重要にはなってきます。また長く愛用し続ける為には、丈夫な物がよいですよね。では実際に設置する場合のポイントになるのが、基礎部分構造になります。より頑丈に使いたい場合は、基礎となるコンクリート部分を地中に埋める方法がおすすめですね。埋める深さによって丈夫さに違いが出ますが、最低でも30センチから50センチは埋めるように設計すると安心して利用ができますよ。特に台風など風が強い日などは、強風によって倒れてしまう可能性もありますよね。ですが基礎がしっかり深く埋められた状態で作られていることで、倒壊することもなくしっかりと家を守ることができますよ。

ピックアップ記事一覧